フォルスクラブで相続診断士になろう


今、注目を集めている相続診断士。
フォルスクラブで相続診断士の資格を
取得できると評判になっています。
ところでこの相続診断士になると、
具体的に何が出来るようになるかご存知でしょうか?
これに関しては意外と知られていないかもしれません。
年収や福利厚生はとても気になりますよね。
今回は、フォルスクラブで学べる相続診断士がどのようなものか、
分かりやすく紹介したいと思います。

相続診断士の年収は、0円です。
簡単に言えば、ボランティアや慈善事業になります。
相続診断士の業務内容は、お金に結び付けることが出来ないのです。
例えば、迷子になっている人が居たとして、
その人に道を教えた際、これといってお金が貰えることはありません。
もしかしたら、大根や桃とかを善意でくれるかもしれませんが、
基本的に対価を得られるようなものではないのです。
相続診断士の仕事はそのような感じになります。
「相続」に関して迷っている人に、正しい道筋を教えるのが、
主な業務内容です。

相続診断士は、弁護士や税理士の方が取得していることが多いです。
それゆえ、相続診断士の資格を持っている方の平均月収は35万円と、
そこそこ高いものになります。
ただし、主婦の方が趣味として取得するケースも多いです。
フォルスクラブを使って、
相続に関する雑学を身に付けたいと思っている方は、それなりに居ます。

相続は誰にでも訪れるものなので、
それに備えて今からフォルスクラブで勉強する方が多いみたいですよ。
それに、合格率は80~90%くらいなので、
フォルスクラブでちょっと勉強すれば合格できるかも。