フォルスクラブでケアマネージャーになろう


フォルスクラブを使ってケアマネージャーになることが出来ます。
こう書くと、フォルスクラブがまるで
サプリメント摂取のように簡単に見えますが、
実際は、年単位での勉強が必要になるほどの難解さです。

フォルスクラブはパソコン、スマホ、
タブレットなどを使って勉強するeラーニングです。
通信教育でもありますので、ネットワーク環境が必須になります。
そして、ケアマネージャーの勉強をフォルスクラブでする場合、
対応機種はタブレットになります。
それもインターネットに接続可能なタブレットです。
自宅で勉強するには、Wi-Fi回線(無線LAN)が必要不可欠です。

では、ケアマネージャーになると、
具体的に何ができるようになるのでしょうか?
介護福祉士の方が取るケースが多いようですが、
介護福祉士と何が違うのでしょうか?
実は、仕事内容はそこまで変化はありません。
強いて挙げれば、平社員からチームリーダーになるようなものでしょうか。
役職がワンランク上がりますので、給料もアップします。
介護福祉士の方がケアマネージャーを目指すのは、
単純に給料がアップするからと言っても、過言ではありません。
他にも、ケアマネージャーじゃないと出来ない事がありますが、
そちらに関してはレアケースなので、今回の説明では割愛します。

フォルスクラブで勉強できるケアマネージャーの難易度は非常に高いです。
国家資格全般に言えることかもしれませんが、合格率は決して高くありません。
しっかりとフォルスクラブで準備を整えて、試験に臨んでください。